ぺんたか
どーも、こにゃにゃちわ。
今日は、センセーちゃんに、相談がございます。

コンドーさん
ふむ。どーせまた、クッソくだらない話だろうとは思うけれども、いちおう聞いてやろうゾ。

ぺんたか
ええと、ですね。
恥ずかしながら、アイドルの子を好きになっちゃいまして・・・。

コンドーさん
はぁ。
そりゃあ、よーござんした。

ぺんたか
で、ボクはドーしたらイイんでしょう。

コンドーさん
は?
そんなん知らんデスけど。
好きにしてよ。
ライブでも握手会でも、勝手に行きゃーイイじゃないの。
ちなみに、カネなら貸さんぞ。

ぺんたか
いやいや、お金を借りようとは思ってないデスけど。
でも、そんな冷たいコト言わないで、さぁ・・・。

コンドーさん
ボクにドーしろとゆーんデスか?
誰が好きなんだか知らけど、知り合いにアイドルなんていないデスぞ。
なので、紹介なんてできないんデスぞ。

ぺんたか
いや、別にその子と引き合わせろなんて話は、全然イッてないデスよ。
こーゆーときには、どーゆー風に考えたらイイのかを聞いてるんデスよ。

コンドーさん
まぁ、とりあえずの回答としては「クソして寝ろ」と言いたいところデスが、しかたがないので、いちおう「いかにしてイイ感じに近づいていくか」について、それなりに答えたろうか。

ぺんたか
よっ、さすがセンセー。
ぜし、よろしくお願いします。

コンドーさん
うむ。
よかろう。
よろしかろう。

 

 

「つきあえても全然おかしくない」という思い

ぺんたか
いやぁ、別にボクだって、本気でつきあえるとかなんて思ってませんよ。

コンドーさん
いやいや。
そーゆーのは、全然よろしくないね。

ぺんたか
えぇ?
そーなん?

コンドーさん
そうだ。
「当然つきあえる」くらいの感じでいないとナ。

ぺんたか
そんなんイッても、さすがにムリでしょ。

コンドーさん
ふむ。
そー思って、残念なキモチでいれば、もちろんムリだわな。
イメージと感情がセットになったとき、それが現実化するってのが、「引き寄せの法則」だからナ。

ぺんたか
それは、知ってるけどさぁ。
何回も聞いたけどさぁ。

コンドーさん
なら、有効に使いたまへ。

ぺんたか
でも、アイドルとつきあえるなんて話をヒトにイッたら、「こいつガチでアタマおかしーんやろか?」とか思われちゃうじゃないデスか。

コンドーさん
いや別に、ヒトに言う必要はない。
でも、自分で「ダメだろう」と思ってるのはアカン。

ぺんたか
ほぇ〜。

コンドーさん
つきあえると思ってるのと思ってないのとでは、思ってる方がつきあえる確率は、必ず、高くなるネ。

ぺんたか
まぁ、ねぇ。
ほんのちょっとでしょーが、そーかもしれません、ねぇ。

コンドーさん
しかも、自分の本心としても、当然、つきあいたいワケだ。

ぺんたか
はぁ、たしかに、ね・・・。

コンドーさん
なら、たとえ誰にも言わなくても、自分の心の中でだけは、イケると思ってなくちゃーならん。

ぺんたか
そーゆーもんですか。

コンドーさん
そらそーよ。

ぺんたか
ふぅむ。

コンドーさん
あのねぇ。
自分が望むモノについて、自分でムリだよなぁと思っているコト自体が、オマエのパワーを奪ってイクんだよ。
そのコトに注意せねばならんぞよ?

ぺんたか
はぁ、そーゆーもんデスかぁ。

コンドーさん
自分の心の動きを、よく見てやらにゃーアカン。

ぺんたか
んじゃあ、「イケる!」と思ってたら、それだけでつきあえるもんなんデスか?

コンドーさん
んなワケねーだろ。
オマエはアホか。

ぺんたか
なんだよ。
なんなんだよ、それは。
なんなんだよ、オマエは。

コンドーさん
いや、だから基本的な心構えみたいな話でしょーが。
ただ、イケると念じてるだけでアイドルとつきあえたら、誰も苦労しねぇよ。

ぺんたか
あー、まぁ、そーデスよねぇ。

コンドーさん
たりめーだナ。

ぺんたか
まぁ、じゃあ、とりあえず、「つきあえても全然おかしくない」くらいのキモチでいますわ。

コンドーさん
うむ。
それがまずは、スタート地点だ。

 

 

相手のニーズに合わせるということ

ぺんたか
あのデスね。
ボクの好きな子ってぇのは、どーやら優しいヒトが好きらしいんデスよ。

コンドーさん
ほーん・・・。

ぺんたか
あのぉ、鼻をホジりながらヒトの話を聞くの、ヤメてもらってイイですか?

コンドーさん
ああ、これは失礼。

ぺんたか
で、デスねぇ。
オシャレな感じのヒトが好きらしいので、ちょっとファッション的なモノも、ガンバってイキたい、みたいな感じで思ってるんデスよねぇ。

コンドーさん
はぁ?
はぁ・・・。

ぺんたか
え?
なんかダメでした?

コンドーさん
うん。
0点。

ぺんたか
えぇー、マジかよ。

コンドーさん
オマエのイッてるのって、相手のニーズに合わせて、実際はそーでもないけど、優しい風でファッショナブル風のメンズになってイキたいってコトじゃん?

ぺんたか
まぁ、身も蓋もなく言うとそーなりマスね。

コンドーさん
で、オマエの愛しのあの子ってのは、そんな小手先のゴマカシでだまされるような感じの相手なの?

ぺんたか
いや、実際に会ったり話したりしたコトはないんで、知りませんけど。
分かりませんけど・・・。

コンドーさん
じゃあ、言い方を変えるけど、オマエとしては、そんな簡単にだまされるような相手がイイの?

ぺんたか
いやぁ、そー言われると、まぁ、そーではないデス。
かもしれません。
ええ。

コンドーさん
あと、もし仮に、その作戦が奇跡的に成功を呼び込んで、相手とつきあったりしたとしても、オマエはそんな素の自分ではない状態を、ずっと続けるの?

ぺんたか
んー、まぁ、あの子のためならガムバりたいデスけど・・・。

コンドーさん
でもねぇ。
そーゆーコトをヤッてると、「ホントの自分じゃないよなぁ」と思って、情けなくなったり、イヤになったりするもんなんよ。

ぺんたか
はぁ、まぁ、たしかにそーかもしれませんが。

コンドーさん
そもそも、その作戦って「相手のニーズに合わせないと自分なんて相手にされないだろう」という発想から生まれたモノなので、自分を低く見ているワケなんですヨ。

ぺんたか
うぅん。

コンドーさん
その意味では、自己評価をいま以上に下げるモノなので、はっきりイッて、全然ダメですね。
さっきは0点と申し上げましたが、実際にはマイナスのようデス。
はい。

ぺんたか
うう・・・。
ヒドい。

コンドーさん
まぁ、実際、「相手の好みの自分になろう」ってぇのは、多くのヒトが思いつきがちな発想ではあるわナ。

ぺんたか
そーデスよね。
ボクだけが、とびきりのアホだったワケじゃないですよね。

コンドーさん
でも、多くのうまくイカないヒトと同じくらいダメだったってのは言えそうだゾ。

ぺんたか
うう。
じゃあ、どーすればイイんですか?

コンドーさん
少なくとも、自分を低く見るんじゃなくて、高く見積もる必要があるってこった。

ぺんたか
高く見積もる・・・?

コンドーさん
そうだ。誰が認めなくても、少なくとも自分自身でだけは、「オレってイケてる」と思ってなくちゃイケない。

 

 

恋愛という名の物々交換

ぺんたか
ふぅむ。

コンドーさん
あのねぇ、恋愛ってぇのは、まぁ、イッてみりゃヒトが行き交うオープンな場所で物々交換をするようなモノなのさ。

ぺんたか
はぁ?
物々交換?
恋愛っつったら、ココロの問題なのに、モノの交換みたいな話なんですか?

コンドーさん
そうさ。
オマエはオマエ自身を売り物にして、他のヒトもまた自分を売りに出してるのだと、そう思いたまへ。

ぺんたか
はぁ。

コンドーさん
そして、お互いが相手に対して納得したら、恋愛関係が成り立つってコトになるワケだ。

ぺんたか
ふぅむ。

コンドーさん
実際、つきあい出せば、お互いに時間や労力を差し出しあう関係になるってワケだ。

ぺんたか
はぁ、にゃるほど。

コンドーさん
物々交換の例を使ったのは、分割したり、お金を介して処理するコトができないからでもある。

ぺんたか
ふぅむ。

コンドーさん
自分の性格の優しさと相手のスタイルの良さの部分だけを取引するとか、そーゆーのないでしょ。

ぺんたか
まぁ、恋愛するとなれば、人格というか、人間というか、全体でヤルしかないデスわなぁ。

コンドーさん
あと、カネを介在させたら、普通はそれを恋愛とは呼ばんわな。

ぺんたか
そりゃ、そーデスね。

コンドーさん
まぁ、実際には・・・。
カネ払わないと会ってくれない相手なのに、「アイツはオレに惚れてるに違いない」とかイッて貢ぎ続ける「認知の歪み」がヤバすぎるヤツも、世の中にゃーたくさんいるけどな。
ウケケケッ!

ぺんたか
アンタ、ねぇ。
イッてることは、たしかに事実でしょうけど・・・。
あんましそーゆーコトばっかりイッてると、そのうち刺されますよ。

コンドーさん
で、物々交換をこれからシタイってときには、それぞれのヒトは同じ場所にはとどまらないので、チャンスとタイミングが大事になってくる。

ぺんたか
はいはい。

コンドーさん
そしてまた、「できるだけイイ条件で交換をしたい」と、誰もが思っているワケだ。

ぺんたか
ふむ。

コンドーさん
でも、相手のニーズに合わせようとする、さっきオマエがイッていた作戦は、「自分を低く見積もって、何とか交換してもらおうとする」ってコトなんだよ。

ぺんたか
うーむ、そーか。

コンドーさん
実際、「アナタのお好みどおりにしますので、どーぞ交換してやってください」ってイッてるヤツの売り物なんて、「どーせ安いに決まってる」と無意識的に思ってしまうのが人間ってヤツなのさ。

ぺんたか
ふむふむ。

コンドーさん
だから、ダメな作戦なんだっちゅーコトをイッたワケだ。

ぺんたか
結局、最初にイッていただいた、「高く見積もる」ってコトができてなかったワケですね?

コンドーさん
そのとおり。
ヒトの話をまったく聞いてない、耳腐れペンギンとして、深く反省してくだたい。

 

 

魅力的なポイントのリスト

ぺんたか
わかりました。
けっして、耳は腐れてないですけど、もう自分を安く売ろうとはしませんデス。
はい。

コンドーさん
うむ。

ぺんたか
で。
その次の段階としては、何を考えて、何をすればイイんですか?

コンドーさん
まずは、その好きなヤツのどこが気に入ってるかってのを、ちゃんと考えるこったな。

ぺんたか
そんなの、たくさんありますよー。
でへー。

コンドーさん
例えば?

ぺんたか
まぁ、なんつったって、顔がカワイイですよ。
ええ、ええ。

コンドーさん
カワイイってのは、具体的には、どーゆーのだよ。

ぺんたか
ん〜?
ええと、目がクリッとしてて、鼻筋はすーっと通ってて、唇はこぶりだけどちょっと厚めで、色白で、表情もイイし、後は、えーと、えーと・・・。

コンドーさん
さすがに、イイのは顔だけってワケでもねぇんだろ?

ぺんたか
そう!
スタイルもイイし、あと、声もカワイイんだよなぁ。

コンドーさん
ほーん。
で?
まだまだあるだろ。

ぺんたか
んー、そーですねぇ・・・。
っつーか、これって何をヤッてんの?

コンドーさん
どこをイイと思うかの洗い出しじゃねぇか。

ぺんたか
いや、それは分かるんですけど、このイイ感じのトコのリストができたら、それが何なんですか?

コンドーさん
ほいじゃあ、まぁ、詳細なリストは後で作ってもらうコトにして、次のステップを教えましょうか。

ぺんたか
ぜし、お願いします。

コンドーさん
魅力ポイントのリストができたら、今度は、大事なヤツから順番に並べてくだたい。

ぺんたか
は?

コンドーさん
だから、自分として、「色白ってトコは、絶対、外せねぇよなぁ」と思うんなら、それを上位にするみたいな感じで、順番に並べるんだよ。

ぺんたか
はぁ、まぁ。
それは分かりましたし、できますけど・・・。

コンドーさん
なんだよ。
なんか文句あんのかよ。

ぺんたか
繰り返しになりますが、一体コレって、何をヤッてるんでしょーか。

コンドーさん
自分が相手に求める理想的な条件を出して、順番を付けてるんだよ。

ぺんたか
いや、それは分かりますけど・・・。

コンドーさん
あー、あとね。その子にはないけど、「もし、こーだったらもっと好き!」みたいな点があったら、それも挙げといて。

ぺんたか
はぁ。

コンドーさん
それと、その好きな相手のイヤなトコがあったら、それもメモして。

ぺんたか
そんなのないデスよ。
なんてったって、ゾッコンなんスから。

コンドーさん
そんならそれでイイけど、あったら書いておいて、その逆を考えておいてくだたい。

ぺんたか
ん?
どーゆーコト?

コンドーさん
例えば、声とかキャラを作ってたりして「ちょっとメンドい感じがあるなぁ」と思ったら、その逆の「自然体のヒトがイイ」ってコトになるんべ?

ぺんたか
んー。
あー、そーゆー意味ね。

コンドーさん
で、その作りキャラじゃない「素なヒトがイイ」ってのも、条件の一つになるから、それもイイトコリストのどの順位に入るかを考えてくだたい。

 

 

リストから引き寄せる

ぺんたか
ふーむ。
はぁ。
へー。

コンドーさん
こーゆーコトをすると、自分がパートナーに求める条件と、その優先順位が分かるってコトになるだろ?

ぺんたか
まぁ、たしかにそーなりますけど・・・。
結局、それが何なんですか?

コンドーさん
何なんですかって、オメー、望むモノをイメージするってのが、「引き寄せの法則」の基本だべよ。

ぺんたか
はぁ。

コンドーさん
はぁ、じゃねぇよ。
リストの上位にしたモノがオマエが相手に望むモノなんだろう?

ぺんたか
まぁ、そーデスねぇ。

コンドーさん
だったら、「そーゆーヒトがイイなぁ」とか、「そーゆーヒトが身近にいないかなぁ」とか思いながら、ニヤニヤしつつ生きてイケよ。

ぺんたか
んー。
あー、そーか。
そーすると、引き寄せられる、と・・・。

コンドーさん
こーゆーコトをすると、具体的にどーゆーコトが起こるかは、もう分かってるな?

ぺんたか
ええと・・・。
自分のニーズにマッチしたヒトが見つかりやすくなる?

コンドーさん
そのとおり!
脳の中に勝手に、「イイ感じのヒト探しセンサー」が作られるコトになるってワケだ。

ぺんたか
それって、日頃からイメージしてるモノって、目に止まりやすくなるって話デスよね。

コンドーさん
うむ。
例えば、新しいクルマを買おうとして、お目当ての車種を決めたら、そのクルマがそこいらでけっこう走ってるのに気づく、みたいな話があるな。

ぺんたか
ふむ。
「あるある」ですね。

コンドーさん
あと、奥さんが妊娠すると、旦那さんはマチナカを歩いたりするときに妊婦さんがたくさんいることが分かるようになる、的な・・・。

ぺんたか
ふむふむ。
で、センサー作って見つけやすくするのはイイんですけど、それからドーするんデスか?

コンドーさん
ドーするって、アンタ。
イイ感じの相手をたくさん見つけて、その中からバッチリな相手を選んで、ハッピーに生きてイケばイイじゃねぇか。

ぺんたか
はーん?
ほぉ。

コンドーさん
ほぉ、じゃねぇよ。
これこそが、完璧な答えだ。
むっふーん!

ぺんたか
えぇ?
そーなの?

コンドーさん
めっちゃスゲーこと教えてやったんだから、感謝しろよ。

ぺんたか
はぁ、ありがとうございます。

コンドーさん
いやいや、かまわんよ。
完璧な答えを出したオレこそは、まさしく天才だな。
いや、ホントに。

ぺんたか
はぁ・・・。

コンドーさん
では、これにて一件落着だな。
そいじゃ、今回はこの辺で!

 

 

望みと偶像

ぺんたか
おい!
ちょっと待てよ。

コンドーさん
なんデスか?
ドーかしましたか?
ボクは、早くおうちに帰って、ウッフン大熊堂の「ハニートラップはちみつ」をなめたいんデスけど。

ぺんたか
うるせぇよ。
なんだよ、それは。
そんなコトより、アイドルの話は、どこにイッたんだよ!

コンドーさん
あ。
忘れてなかった?

ぺんたか
当たり前でしょ!
そこが今回のテーマなんだから。

コンドーさん
そーか、じゃあ、その辺りについて、基本から語って参ろうか。

ぺんたか
はい、センセー。
ぜし、よろしくお願いします。

続きを閲覧するにはログインが必要です。ログインしてください。 . あなたは会員ですか ? 会員について

Copyright© 「引き寄せの法則」研究所 , 2018 All Rights Reserved.