メモ

一時的メモ(2019.04)

投稿日:

 

ぺんたか
これって、何のコーナー?
コンドーさん
まぁ、いま研究中のネタについてのオボエガキってヤツだ。

 

2019.04.09 「暗示のチカラ」

 

『ミルトン・エリクソンの催眠療法入門』を再読。

 

20世紀最大の心理療法家とも言われるミルトン・エリクソンの弟子、オハンロンの著作。

催眠療法ってのは、本からの印象で単純に言うと、トランス状態に導き、暗示を与え、そのチカラで問題を解決するための方法、みたいなコトになる、感じがする、かもしれない。

 

あっさいモテテクの話なんかで、よく出てくるのにミラーリングってのがあり・・・

相手の動きをマネして、好感を持たせるとされていたりするワケだが、そのミラーリングについても言及されている。

 

ただし、あくまで療法の中の一つのアプローチの仕方として、また、前提として「許容・関心・観察・利用」ってのがあるとされている。

それはつまり、相手のどんな反応・行動・体験にも関心を向けるってコトだ。

 

結局、ここでも、やはり「許容し可能にする術」が大事なんだね。

と、ムリヤリ繋げてみた。

 

つっても、暗示のチカラという意味では、「引き寄せの法則」も同じだとイッていいだろう。

けどな。

 

エリクソンが、おねしょが治らない少年にどんな暗示を与えて解決したかってエピソードが、特に面白い。

ので、興味のある方とか、いまだにおねしょが治らない方なんかは、読んでみると吉かも。

 

催眠というと、自分の思うとおりに相手を操るみたいなイメージがある人もいるやもしれん。

ただ、効果を上げるには、「相手にとってもそれが有用である、得になる」と自分が思ってるってコトがキモのようにも思えた。

 

相手に思い込ませるには、まず自分が思い込む必要があるという感じか。

まずは、自己暗示に精を出すのがよろしかろうかなと、思う。

 

と、まぁ、今日はこんなトコで。

 

 

ぺんたか
最新のメモは、トップページにあるから、読んでね。
コンドーさん
んだんだ。
んだな。

 

-メモ

Copyright© 「引き寄せの法則」研究所 , 2019 All Rights Reserved.