メモ

一時的メモ(2019.03)

更新日:

 

ぺんたか
これって、何のコーナー?
コンドーさん
まぁ、いま研究中のネタについてのオボエガキってヤツだ。

 

2019.03.01 「望みを遠ざけているモノ」

 

多くの人が、叶えたいモノを夢見ていることだろう。

けれども、そうでありながら、その望む夢が現実になるのを、妨げてもいる。

今回は、そこのトコロについて、語ってみよう。

 

ほとんどの人が、無意識的に、夢を現実から遠ざけようとしている。

その結果として、夢が現実化しない。

これは、ホントの話だ。

 

例えば、「カネ持ちになりたい」という願望を持つ人は多いだろう。

でも、そんな人の多くは、カネ持ちになるというのが現実化するコトを、妨げてもいる。

 

ちょっと、考えてみて欲しい。

カネ持ちになったら、色んなコトが実現するだろう。

いままで買いたかったモノが、すべて買えるコトになる。

 

でも、重要なのは、ここからだ。

現実を見てみてみよう。

 

どんなにカネ持ちになったとしても、すべてが解決されるワケではない。

それもまた、真実であるハズだろう。

 

けれども、カネのない人間は、そうであって欲しくはない。

自分があこがれるモノであるのだから、ほとんどすべてが解決するような状態として、カネ持ちであるというコトをイメージする。

 

それは、あるいは自然なコトとも言えるかもしれない。

夢見るコトは、夢としてあって欲しいのであるからだ。

 

だが、それは現実ではない。

そしてまた、現実ではないコトを、自分でも分かっている。

 

分かってはいながら、そーゆーモノとして、カネ持ちをイメージはしていない。

なんとなく、ぼやっとした、望ましいイメージとしてしか、カネ持ちってモノを想像していない。

問題は、そこにある。

 

カネ持ちになっても、生活は続く。

解決されない問題も、たくさん残る。

そこを意識するのが、大切なんだ。

 

それが欠けていると、カネ持ちのイメージが、自分に馴染むコトがないからだ。

ストンと、腑に落ちるコトがないからだ。

 

結果として、自分の心にしっくり来るようなイメージになるコトがないので、現実化に近づくコトもない。

つまりは、そーゆーコトだ。

 

だから言ってみれば、望ましい状態をある程度、現実の範囲にまで引き下げる必要がある。

当然ながら、「現実の範囲」とは言っても「一億稼ぐのはムリだから、一千万にしておけ」という話ではない。

 

そーではなく、「どんだけカネを持ったとしても、自分の生活の中には、いまと変わらない部分があるコトも意識しろ」という話だ。

もちろん、大金が転がり込めば、生活は一変するとも言える。

それでも、やはり、たいして変わりはしないとも考えられる。

 

その変わらない部分、いずれにしてもただの生活である他ない部分にも、ちゃんとフォーカスを当てろという話だ。

それが、現実に引き下げるというコトの意味だ。

そして、それによって徒な夢であるようなイメージを殺すというコトだ。

 

そのうえで、望ましい状態のイメージを楽しむのである。

それでこそ、リアリティが増してくるからだ。

 

コレが、大事なポイントである。

すでに書いたとおり、そーゆー現実的な目がなく、ただのぼんやりしたイメージのままだと、自分がそれに乗っかれない。

だから、現実化も、いつまでも近づいてこない。

 

っつーこった。

分かったかね?

 

 

2019.03.08 「「タバスコとパイ」のたとえ話」

 引き寄せの法則に関係して、ヒックスおばさんがおもろいたとえ話をしていて、いつも思い出すので、書いておこうと思った。

「タバスコとパイ」のたとえ話。

該当部分を、ちょっと引用してみる。

 

「このキッチンにはタバスコがある。わたしのパイにタバスコが混じってしまうよ」 P396

「キッチンにあるから、わたしのパイに混じるかもしれない。キッチンになければずっと安心なんだ P397
「ほら、わたしのパイに混じっちゃった!だから言ったじゃないか。 P397

そこでわたしたちは言うのです。キッチンにタバスコがあるからパイに混じったのではありません。あなたがタバスコから目が放せなかったから、だから混じったのです。 P397

 

何の話か、分かりづらいかもしれないデスな。

実際は、本を読んでもわりと分かりづらいんですが。

 

まず、パイってのは、他の本でアップルパイだとされている。

いや、ソコはかなりドーでもイイんだが。

で、まぁ、だいたいの流れは、こんな感じだろう。

 

アナタは、アップルパイを焼き上げる。

すると、キッチンの戸棚に、憎むべきタバスコが入っているのを思い出す。

 

「コレはイカン。せっかくのパイに、タバスコが混じってしまうかもしれない。」

そう思って、別の場所へ移動しようと戸棚からタバスコを取り出し、こう叫ぶ。

「コレがダメなんだ!こんなモノは、ちゃんと別の場所に移動させなくては!」

 

力説しながら、アナタは握りしめたタバスコを振り回す。

すると、手からタバスコの瓶が滑り落ちる。

 

そしてそれは、パイの上に落ちて、瓶のフタもその衝撃で外れてしまう。

結局、タバスコは見事に焼きたてのパイにかかってしまう。

あーあ。

 

・・・。

とまぁ、こんな感じ。

 

タバスコに意識を向けなければ、当然、タバスコは戸棚にしまわれたままだ。

パイにかかってしまうコトもない。

 

こんな風にして、余計なコトをイメージして、望まない結果を生み出してしまっている。

それが、多くの人間の姿だ。

という話デスな。

 

「タバスコとパイ」だから、笑い話になる。

でも、余計なコトをしてドツボにはまってる人間ってぇのは、だいたいこんなようなもんだ。

 

とも言える。

じゃあ、ドーしたらイイのか。

 

おいしいパイだけに意識を集中して・・・

おいしくいただけば、イイのである。

あはー。

 

「タバスコとパイ」のたとえ話。

覚えておいて。

ほんじゃ、また次回。

 

 

 

 

ぺんたか
最新のメモは、トップページにあるから、読んでね。
コンドーさん
んだんだ。
んだな。

 

-メモ

Copyright© 「引き寄せの法則」研究所 , 2019 All Rights Reserved.